11
先週からなんやかんやあって更新が遅くなりましたが、今回も1.10.2の記事になります。


丘の上に作った拠点ですが、今回はちょっと手直しして、新しいものを建てていきます。

まずは、土地をちょっと拡張。



53
そして、SMELTING用の温度精錬設備を作りました。燃焼チャンバーからは副産物として草木灰が得られ、その草木灰が製紙に使えるので、UHT温度の精錬ができるようになっても、なんだかんたといって必要です。



09
中は、こんな感じ。ですが、この配置だと手前真ん中のブロックの精錬がうまくいきませんでした。

後で原因を調べると、手前のブロックのみ周囲に空気ブロック3個ある扱いになっていました。今は、更に手前にトラップドアを置いて対処しています。



49
実は、拠点のすぐ近くに畑に行ける橋を作っていました。ただ、デザインがいまいち気に入らないと見えて…。



16
作り直しに取り掛かってしまいました。この様子だと、空中回廊みたいなものにしそうです。



33
MOD要素もどんどん進めていっています。共有結合粉を使ってProjectEの錬金チェストを作成。




52
更に、羊毛を使って錬金バッグに。錬金バッグは持ち運び可能な大容量エンダーチェストといった感じで、全16色あります。

もし、死んでバッグ自体をロストしても再度バッグを作れば中身にアクセスできるので、ProjectE導入時は早めに作っておきたいアイテムです。



41
ついでに、EMCコレクターも作っておきます。グロウストーンはネザーに行かなくても、ウィッチが落とすパウダーを錬成盤に登録しておけばいくらでも用意できます。十分な光が当たっていればEMCを生産できるため、EMCコンデンサーと併用すればアイテムの増殖がはかどります。

これなら8000以上のEMCを持つダイヤモンドを作り放題ですが、ProjectEで追加される装備や設備に必要な「材料」を作るには、ダイヤ9個とダイヤと同じEMCを持つあるアイテムが8個も必要となります。


どんな材料なのかは次回の記事でちょっと紹介します…、と言いたい所ですがこの頃マイクラをあまりプレイできず更新ペースが落ちているので、更新はまた少し遅くなりそうです。


とはいうのもの、このプレイ記自体が1.10.2ワールドのテストプレイのまとめのようなものなので、あまり気張らずに無理のないペースで更新していくよう心掛けます。